音声収録をするためのマイクには様々な種類が存在します。
ガンマイクやショットガンマイクと呼ばれているものは超指向性マイクと呼ばれていて、こちらは狙った音だけをピンポイントで収録できるという特徴を持っています。
そのため、クオリティの高い音声収録をすることが出来ますが非常にシビアな調整が要求されるという特徴を持っているのです。
微妙な角度の違いで撮れる音に大きな違い出てしまうため、被写体が動いた時などには録音レベルが大きく変わってしまうため注意しましょう。

このような指向性は狭ければ狭いほど狙った角度の集音が可能になりますが、必ずしもそのようなマイクが一番良いというわけではありません。
ナレーションなどを収録するときには単一指向性のマイクを利用します。
これらのマイクは指向性がガンマイクより広いですが、ナレーション録音などの際にはスタジオなどの静かな環境でマイクを近づけて録音をするため指向性がガンマイクほど狭い必要がありません。
このように、状況にあったマイク選択をすることが動画編集には重要になるのです。

Vookでは動画編集に必要な音声などの技術のスキルを高めるためのコンテンツが充実しています。
初心者から上級者まで自分の求めるスキルアップが可能になっているのです。
もしもスキルアップをしたいのならばこのようなコンテンツ情報を調べていくのが上達の近道です。