乳歯とよばれる子供の歯は、永久歯に比べると虫歯になりやすいのをご存知ですか?
乳歯はエナメル質や象牙質が薄く、柔らかいため虫歯になると進行が早いのです。
また自覚症状がでにくいため、痛みを訴えたときにはかなり進行した状態となっているのも特徴になります。

仕上げ磨きを入念にやっているつもりでも、子供はかなり嫌がって抵抗しますから隅々まで磨けているのか心配でした。
そのため、乳歯が生えそろった頃から定期的に歯科で検診を受けることにしました。
自分でチェックしても気づくことができないと、すぐに虫歯に進行してしまうでしょう。
そうなると生え変わった永久歯に影響するかもしれないので、予防のためにも歯科での検診を続けています。

最近はサプリメントをすすめられて使い始めました。
キシリトールのタブレットで、歯を磨いたあとに一粒なめさせています。
カルシウムも配合されたタブレットで、キシリトールを100%使用しているので安心ですね。
誤嚥しても危険じゃないように形状も配慮されているので安全ですし、子供も嫌がることなくなめてくれます。
もちろんおやつの内容や飲み物にも気をつけ、虫歯にならないようにしています。
おかげで今のところ虫歯もなく、お口の中を健康的に保てているので歯科サプリメントも続けようと思っていますよ。